【2020年版】フリーランスwebエンジニアお勧め向け言語とフレームワーク

未分類


2020年のwebエンジニアのお勧めスキルセットを考えてみました。
まず、フリーランスのwebエンジニアとして、需要の多い分野を取得してから、需要はそこまで高くないけど、単価が高い分野にシフトするのがベストだと思います。

理由として、まず最初に需要の多い分野を取得する事で絶えず案件をゲットする事ができます。いくら単価の高いスキルを持っていたとしても、案件がなく参加ができなければ宝の持ち腐れになってしますので、まずは需要が高い分野を習得するのがベストだと思います。

個人的習得お勧めランキング

1位 (larabel+php) or (ruby on rails)
2位 AWS
3位 Vue or React

あくまでも個人的ランキングと言う事が前提となってきます。
まずフロントエンジニアとバックエンドエンジニアのどちらを選択するかからになると思うのですが、僕がバックエンドエンジニアをお勧めします。
現在バックエンドエンジニアの方が単価が高くなりやすい傾向にある事とAWSとセットで覚える事で、付加価値の高いエンジニアを目指せる事が挙げれます。

また1位にあlaravel+phpかruby on railsをお勧めしてますが、web開発企業さんは、基本的には大規模開発をする機会は少なく、なるべく早くコストを抑える時に選べれるケースとして多いからです。
個人的な見解としては、日本ではrubyのシェアは下がってませんが、rubyが下方傾向にある中、laravelのシェアが拡大している事からlaravelを習得するのが一番よいです。