【開発環境】sakuraサーバーにVSCodeで接続

環境構築


1.SFTP接続用のkeyを発行する。
2.VScodeに新しいプラグイン「SFTP」をインストールして使用
3.SFTPの設定を行う。

sakuraで秘密鍵の作成

まずはsakura登録時に送られ来たUserIDとPasswordでSSH接続する。

//初期フォルダへ移動します
cd www

//.sshディレクトリに移動します。なければ作成
% cd ~/.ssh

//秘密の鍵を作成します。
ssh-keygen -t rsa

保存する場所と設定するパスワードを聞かれるので入力すると
・id_rsa→秘密鍵
・id_rsa.pub→公開鍵
が作成されますので、秘密鍵をダウンロードします。

VScodeの設定

まずは「SFTP」プラグインをインストールする。

インストールが完了したら、設定用のjsonを編集する必要がありますのでCtrl+Shift+Pを押下し、次にsftpと入力するとjsonを検出できるので、開きます。
初期は下記のような画面なので書き換えます。

{
    "host": "**", //サーバのアドレス
    "port": 22, //ポート番号
    "username": "www", //サーバに入るためのユーザーネーム
    "password": null, //サーバに入るためのパスワード
    "protocol": "sftp",// 接続方式
    "privateKeyPath": "**", //サーバに入るための認証鍵ファイルがある場所(自分のPC内で指定)
    "passphrase": null,//公開鍵認証に作成したパスフレーズ
    "remotePath": "**", //サーバ上のファイルアップロードをしたい場所
    "uploadOnSave": true,//保存時に自動アップロードするようにしたいかどうか
    "syncMode": "update",
    "watcher": {
        "files": false,
        "autoUpload": false,
        "autoDelete": false
    },
    "ignore": [ //自分のPC上にあるプロジェクトフォルダ内のデータのうちアップロードしたくないもの、する必要がないものを指定
        "**/.vscode/**",//これ入れておかないと、sftp.json自体がアップロードされてしまうので危険
        "**/.git/**",
        "**/.DS_Store"//Macの場合は必要になる
    ]
}

//の注意書きはjsonのシンタックスエラーがでるので消してください。

このjsonを更新してエラーが出なければ接続完了