dockerのライフサイクルとdocker-composeの操作一覧

docker ruby


dockerのライフサイクル

1.dockerファイルの作成
dockerfileを使ってイメージの取得から操作まで行います。

2.dockerファイルの実行
dcokerfileの実行自体はdocker-compose runで一括で行えます。
コンテナが作成されます。

3.docker-compose build
作成したコンテナをイメージ化

4.docker-compose up
で作成したイメージを起動

docker-composeのコマンド一覧

docker-composeの操作関係が似たようなコマンドが多い為整理の為一覧を記載します。

作成・起動関係

create コンテナを作成する

docker-compose create

start コンテナを起動する

docker-compose start

build imageを構築する

Dockerfileを更新した場合は オプションで–no-cacheを付けないと、キャッシュから読み込まれるので更新が反映されません。

docker-compose build

up コンテナを作成して起動する

キャッシュを使って、イメージの構築・コンテナの構築・起動をします。
キャッシュが無い場合 –buildを付ければキャッシュなしでも実行してくれます。

docker-compose up

exec

コンテナを実行する。※起動しているコンテナを実行してないと実行できない。

docker-compose exec

run

イメージの構築・コンテナを作成・起動・実行する。
引数でサービスの指定が必須

docker-compose run <service_name> bash

imageを作成する。

docker-compose build

削除・停止関係

コンテナを停止して削除する。開発環境をクリーンにしたい時に使う。

docker-compose down

起動状態の確認

docker-compose ps